掲載されました!

 

 

9月になりましたね〜。

   

ところで、9月2日発売の『日経ヘルス』に中野坂上治療院の院長の記事が掲載されました。

              

今回は、『日用品をマッサージ器具に!』という

テーマで、2頁程掲載せていただきました。

             

カワイイ佐々木希さんが表紙です。 (。-_-。)ポッ

 

全国、書店やコンビニ等で発売中です。

 

野菜ジュースを毎日飲んでるから体は大丈夫!・・・はホントに大丈夫!?

 

8月31日は野菜の日♪(831でヤサイ(^^;)

・・で、朝から野菜いっぱいオカズ弁当作り。

ブロッコリーのビタミンC、豚肉の疲労回復ビタミンB1、荒れた胃粘膜保護のキャベツのビタミンU(←お馴染み『キャベジン』)で夏バテも乗り切りましょう。(^○^)

 

さて、そんな野菜にちなんで・・・

 

巷には、『ニンジン○○個分の栄養素』や、『一日に必要な分の○○○○が入った・・・』と謳っている野菜ジュースが数多く出回っていますね。

 

「毎日たくさんの野菜を食べるのはムリだけど、いつも野菜ジュースを飲んでいるから、野菜は十分に足りていて大丈夫! (^o^)v 」・・・コレって、本当に大丈夫なのでしょうか?

 

答えは、もちろん NO!

 

野菜ジュースを飲むのと野菜を食べるというのは、体に摂取するという意味合いも効果も全く異なってきます。

 

というのは、まず野菜には食物繊維等が基本的に多く含まれているのですが、ジュースにしてしまうと、それらを搾りカスとして廃棄してしまうことも多いので実際の野菜を食べた時と同じという訳にはいきません。

 

しかも、製品によっては飲みやすくするために、果汁や糖分、(その他の添加物)が加えられていることがあります。(なのでできれば、『無添加』の表示あるのが理想的)

 

さらに本来野菜を食す行為は、噛むことによって唾液を分泌させたり顎を鍛えたりという別の作用もありますが、液体で飲んでしまうのは感覚的にもまた違ったものになってしまいます。

 

では、野菜ジュースを飲むのは全くメリットがないのかといえばそうでもなく、例えば、極度の疲労や病気等で体調が著しく低下している時には、胃腸の負担をあまりかけずに栄養を摂取できるというよい点もあります。

 

野菜ジュースは、あくまでも日常の食事での栄養の不足分を補うものとして、うまく併用していくのがよいと思われます。

 

調子に合わせてうまく摂取していきましょう。

0 コメント

和風扇風機!? (ストレーとネックについて)

 

治療院で長年使っていた小さい扇風機。

 

手がぶつかって落下!首が折れてしまいました。(人間だったら即死!)

 

捨てようとも思ったけど、幸いにもスイッチも首振り機能も正常に機能していたので(殺した罪悪感もあるし(^^; )、100均で買い集めた植木鉢、観葉植物、紙粘土・・・etc(700円)で、『和風扇風機(!?)』に甦り、今日も元気に活躍中です! (^O^;)

 

さて、そこで首にちなんで、ストレートネックについて。

 

人間には頸椎という首の骨が7個あって、それらが緩やかな前カーブを形成しています。

 

ところが、例えばパソコン作業など、いつもうつむきがちで背中を丸めた姿勢を長く続けていると、この頸椎のカーブが初めの頃より失われてしまいます。

 

そもそも頸椎のカーブは、頭の重さをうまく分散させ、まわりの筋肉や背骨自体への負担を軽減する為にあります。

 

しかし、その頸椎のカーブが失われると、首のこりや肩のこりはもちろん、その他さまざまな不快な症状が現れます。

 

というのは、この部分は体と脳をつなぐ血管や神経が多く集まっているので、先の首・肩のこりの他に、頭痛・吐き気・不眠やうつ症状などといった重大なものまでも引き起こしてしまうのです。

 

ストレートネック予備軍の兆候はというと、首を後ろや横に曲げるのが辛かったり、首・肩のこりだけでなく、腕や指がしびれたり、腰などにも頻繁に痛くなるなどが挙げられます。

 

該当することが多いなら要注意です。早めの対処をしましょう。

 

 

ちなみに・・・ホ乳類の頸椎の数は基本7個です(ジュゴン・マナティ・ナマケモノなどのレアケースを除く)。

 

なので、ネズミも魚っぽいクジラもみんな頸椎の数は7個です。

 

じゃあ、あの首の長~いキリンの1個の頸椎の長さは・・・調べてください。(笑)

0 コメント

蚊もバタバタ死んじゃう蚊とり線香・・・人体には問題ないの?

 

まだまだムシ暑いですよね。

 

ところで、8月20日は、『蚊の日』なんだそうです。

 

由来は、医学者、ロナルド・ロスが、ハマダラ蚊の胃からマラリアの原虫を発見した日で、その後に彼は、この功績によってノーベル賞を受賞したんだそうです。

 

さて、ノーベル賞から、一気に庶民的な話しに

なりますが・・・(笑)

 

日本に、昔から蚊をやっつけるアイテムとしてある、超有名なロングセラーグッズ・・・蚊とり線香。

 

現在は火を使わない安全な電気蚊とり器が多いですが、あの独特の線香の香りが懐かしいという根強いファンも

まだまだたくさんいるのはたしか。(ブタの蚊とり線香の置物がまだ売ってるし)

 

さて、その蚊とり線香を使っていて、ふと思うのは、蚊もバタバタと落ちて死んでしまうこの商品(電気蚊とり

器も含めて)・・・人体には何の影響もないのでしょうか。

 

昔の蚊とり線香は、『ピレトリン』という天然の除虫菊から生成される成分が原材料に使われていましたが、

現在は電気蚊とり器を含めて、『ピレスロイド』という合成成分が使われています。

 

このピレスロイド、主に昆虫類の神経を麻痺させる毒なのですが、基本的には人間や、犬、猫などのホ乳類は、生まれ持っている代謝酵素の働きで体内で分解されてしまうので、吸収してもほとんど害になるようなことはありません。 

 

ただし、体の小さいハムスターが弱ったという報告はあるので皆無とはいえませんが、部屋を閉め切った部屋で

たくさん設置して使用するなどの正しくない使い方をしない限りは問題ないようです。

適度な換気は行うようにしましょう。

 

尚、『蚊とり』と書いてありますが、ピレスロイドは蚊だけではなく、同じく昆虫類のカブトムシやクワガタだって当然ダメですし(笑)、その他にも、ハ虫類や両生類にも強い作用を発揮するので、蛙やその他をペットとして買っている場合は他の部屋に移すか、使用しないようにしましょう。

 

ウナギには毒があるって!?

今年2回目の夏の土用の丑の日!(8月6日 日曜日)

 

みなさんは、ウナギは食べますか?

 

ただ、日本では古くから「丑の日」には、『う』のつく食べ物を食べると縁起がいい!!と言われてきたので、必ずしもウナギでなくてもいいらしいです。

(うどんとか、瓜とか、うまい棒とか(笑))

 

日本でのウナギの歴史は古く、奈良時代には、あの『万葉集』にも・・

 『石麻呂さん、夏痩せによいそうですよ。武奈伎(むなぎ=うなぎ)をとってお食べなさい』・・というような意味の文が残っていて、この頃から夏バテに精がつくように語られていたのが驚きです。

 

 

確かに、ウナギには、ビタミンAや、EPAやDHA等の良質な脂肪をたっぷり含む他に、ビタミンB1や、B2、ミネラルも多く、疲れ目や疲労回復の効果が抜群な、夏バテ防止にはもってこいの食材なのです。

 

さて、ここでもう一つウンチク。

 

実はウナギに毒があるのを知ってますか?

 

ウナギの『血液』には、「イクチオヘモトキシン」という毒素が含まれていて、口に入れると、吐き気や呼吸困難、また、傷口に入ると膿んだり腫れたりする他に、目に入ると最悪の場合失明の可能性もあるという、結構ヤバ~いものなんだそうです。

 

でも・・・ご安心を! 

 

この毒素、61度以上、5分間以上の熱を加えると効果は消失します。

 

なので、私達が普通に食べる際のウナ重やウナ丼、ひつまぶし、白焼き・・等々を食する上では全く問題がないのです。

(確かにウナギの刺身って見た事はないですね・・・ただ専門店では、しっかり血抜きして酢でしめたやつを食べさせてくれる処もあるそうです。)

 

安心してモリモリ食べて、暑い夏を乗り切りましょう!

沢井製薬さんのサイトに掲載

 

ジェネリックのCMでお馴染みの沢井製薬さんのファンサイト『サワイ健康推進課』の『ツボ百科』のコーナーを監修しています。

 

6月号・・にはちょっと早いけど既に掲載されてました。(^O^;)

 

今回は『めまいがラクになるツボ』

 

詳しくはコチラから。

0 コメント

梅雨は、『つゆ』?『ばいう』? どっち!?

ムシ暑くなりましたね。

 

そろそろクーラーを発動させるので、エアコン内のカビ対策にエアコン洗浄スプレーを買ってきました。

 

さて、もうすぐやってくるジメジメとした梅雨の時期ですが・・・梅雨を、『つゆ』と読みますか? それとも『ばいう』と読みますか?

 

そもそも何故、梅の花の時期でもないのに、『梅雨』なんでしょうか.

 

梅雨は『つゆ』とも読みますし『ばいう』とも読みます。

(パソコンで打ち込むと、どっちもこの漢字に変換される)

 

ところで・・・バイ菌の『バイ』は、漢字で『黴』・・実はカビのことなのですが、この時期はカビが生えやすい雨ということから、『黴雨』と呼ばれていたのが、カビでは語感が悪いということで、ちょうど梅の実が熟して潰れる、この頃にかけて『梅雨』になったという説があります。(諸説アリ)

 

さらに・・『つゆ』は、梅の実が熟して潰れる(潰ゆ・・つゆ)からきたという説があります。(諸説アリ)

 

飲み会のウンチクとしてみんなに自慢しましょう。

 

0 コメント

二の腕プルプル対策のツボ療法

 

ゴールデン・ウィークも終わりですね。

 

今回は、お休みのゴロゴロ不摂生と、食べ過ぎによる二の腕プルプルの対処法のツボ療法の紹介です。

 

手を軽く挙げて振ると、二の腕の下がプルプルとふるえませんか?

 

人はこの筋肉を使う動作をあまりしないのでたるみがちになります。

 

対処法としては、腕を伸ばす動作をよく行い筋肉を

鍛える(腕立てふせとか、雑巾がけとか、壁ドンとか(笑))ことと、その周辺のツボを刺激してリンパを腋に流してあげると、腕の疲れも取れて一石二鳥です。

 

今回、アプローチするのは、腕の後ろ側にあるツボ。 

 

これを、どこの家庭にもある『しゃもじ』を使って次に紹介するツボを押すというより流すように刺激した後、

最後に腋の下のツボも刺激しましょう。

 

腕がスッキリします。

 

(やり方)

 

①しゃもじのヘリ(横の部分)で、二の腕の裏側を肘からワキの付け根まで、滑らせ流すように5回刺激します。

 

ここには肘側から、上に向かって『清冷淵(せいれいえん)』・『消濼(しょうれき)』・『臑会(じゅえ)』というツボがありますが、ひとつひとつのツボを気にせずに一気に滑らせます。

 

② ワキまでもっていったら、最後にワキの下にある『極泉(きょくせん)』というツボをしゃもじのヘリで5回グーッと刺激します。

 

これを1クールとして、左右1日3クールずつ行ってみましょう。

 

0 コメント

ガッツポーズの日(肩コリ・バストUPの壁ストレッチ)

今日、4月11日は『ガッツポーズの日』。

 

1974年のこの日、あのガッツ石松がWBC世界ライト級王者をに勝利した時に、あのポーズした姿を新聞記者が、

『ガッツポーズ』と表現したことで、この言葉が広まるきっかけとなった・・・そんな日らしいです。

 

現代でもよく使われる『ガッツポーズ』・・・こんな秘話があったんですね。

 

という訳で、今回は背中の筋肉のコリに効く・・・『半ガッツポーズ! 壁ストレッチ』の紹介!

 

この体操は肩甲骨の内側のコリと、さらに前側の大胸筋という胸を覆う筋肉にも効きます。

 

なので、この大胸筋を鍛えることは、肩こりの他にもバストアップの効果も期待できるので、女性は必見です!

 

 

モチロン男性もぜひやってみましょう。

 

胸の筋肉が鍛えられます。

 

(やり方)

1 右手を横に伸ばしたら、肘を上に90度に曲げる。

 

2 その状態で、手から肘を柱などにくっつける。(ひっかける状態)

 

3 さらにその状態から左足を半歩踏み出して体を左に捻り、抵抗をかける。

 

4 反対の左側も同様に行う。

 

行っている側の腕の前の付け根から胸、さらに肩甲骨の内側に気持ち良い感覚がかかっていれば理想的です。

 

片側20〜30回ずつ行いましょう。

 

0 コメント

キーマカレー蕎麦

 

お客様にいただいた、『鳥肌の立つカレー』。(ネーミングが惹かれる)

 

3個いただいての残り1個、普通に食べるのも芸がないのでカレー蕎麦にしてみました。

 

キーマに蕎麦はどうよ⁉︎って思いましたが、挽き肉が蕎麦に絡んで個人的には普通のやつよりなかなか美味しかったです。

 

お試しあれ。

 

ちなみに・・ソバは低カロリーで高タンパク。

 

ビタミンB1・B2の他に、毛細血管を強化するルチンが含まれているのですが・・この優れた成分も、茹でるとほとんどがお湯の中に溶け出てしまうという残念な結果に。

 

 

なので、最後にソバ湯を必ず摂るようにしましょうね。

0 コメント