健康雑誌に記事掲載!

 

 

健康雑誌『壮快』12月号に、中野坂上治療院の記事が掲載されました。

 

今回のテーマは、足のツボもみについて。

 

ただいま、全国の書店で発売中です。

0 コメント

連載3回目!

 

連載 3回目!

 

東急リバブルのテレビCMでお馴染み、東急コミュニティが発刊しているフリーペーパー

 

『RenoToCo(リノトコ)』に、中野坂上治療院の『カベストレッチ』の記事が掲載されました。

 

今回は、本の中の『指でお散歩 ストレッチ』の紹介!

 

手を上まで伸ばして、 さらに上を目指して指先を

トコトコ。

 

 縮んでた腕~肩周辺の筋肉が伸びて肩コリが ボールスッキリします。

 

来月も掲載します。 (カベストレッチの本は、 全国書店にて発売中です)

 

0 コメント

連載2回目!

 

連載 2回目。

 

東急リバブルのテレビCMでお馴染み、

東急コミュニティが発刊しているフリーペーパー

『RenoToCo(リノトコ)』に、

中野坂上治療院の『カベストレッチ』の記事が

掲載されました。

 

今回は、 オリンピックのこの時期にタイムリーな 

カベストレッチの中の『コーナーキック ストレ

ッチ』の紹介!

 

・・って、サッカーとは関係なく、壁のコーナー

にキックするだけのダジャレなのですが。(^o^ ;

 

第3回目の掲載も頑張ります。

 

0 コメント

東急コミュニティーのフリーペーパーに・・

 

東急リバブルのテレビCMでお馴染み、、東急コミュニティーが発刊しているフリーペーパー

RenoToCo(リノトコ)に、

自身の著書、『カベストレッチ』の記事が掲載され

ました。

 

これから数ヶ月の間、毎月の連載のお仕事なので、

やり甲斐があります。

(* ˙˘˙)人 カンシャ!

0 コメント

肩コリを労わる日

 

今日4月22日は、、

 

「しんどい(4)コリ、つらいつらい(22)」で、、、『肩コリを労(いた)わる日』なんだそう。

 

語呂がちょっと苦しいか~(笑)

 

・・で、せっかくなので肩コリのツボを紹介!

(シャツは何故かスパイダーマン!(^^; )

 

1.『肩井(けんせい)』首を前に倒した時に出来る背骨の出っ張りと肩先を結んだ線の中央。

 

2.『曲垣(きょくえん)』肩甲骨の内側の上の角辺り。

 

3.『天宗(てんそう)肩甲骨の中央の凹み辺り。

 

正確な位置じゃなくてもいいので、この辺りを

気持ちイイなぁ~くらいのチカラで誰かに押して

もらいましょう。"ԅ( ˘ω˘ԅ) ツボオシ~

 

0 コメント

ユル〜い『カベ筋トレ』⑤

コロナのこの時節で運動不足から特に足腰の筋力が衰えてはいないでしょうか?

 

 一昨年、『カベストレッチ』の本を出しましたが、このストレッチ、カベさえあれば出来る手軽さと、寄りかかることでバランスを崩しにくいという利点があります。

 

 そこで、筋肉を伸ばすストレッチではなく、筋力をつける筋トレの視点で、『カベ筋トレ』を考えてみました。

 

 とはいっても、ムキムキの体を造るのが目的ではなく、あくまでも衰えた筋肉を元気な状態にする誰でも出来るユル〜い筋トレです。 簡単なのでやってみましょう。

 

(やり方)

①カベから3歩離れて、左足の裏をピッタリつける。

 

②右足を少し曲げながら、さらに左足の裏をカベにしっかり踏み込む。(ふくらはぎが結構痛い)

 

③②を5回行ったら、今度は反対側の足も同じように行い、これを1セットとして、1日に3セットくらい行いましょう。 

0 コメント

ユル〜いカベ筋トレ④

ユル~い『カベ筋トレ』足腰の衰え解消!④

 

コロナのこの時節で運動不足から特に足腰の筋力が衰えてはいないでしょうか?

 

一昨年、『カベストレッチ』の本を出しましたが、このストレッチ、カベさえあれば出来る手軽さと、寄りかかることでバランスを崩しにくいという利点があります。

 

そこで、筋肉を伸ばすストレッチではなく、筋力をつける筋トレの視点で、『カベ筋トレ』を考えてみました。

 

とはいっても、ムキムキの体を造るのが目的ではなく、あくまでも衰えた筋肉を元気な状態にする誰でも出来るユル~い筋トレです。 簡単なのでやってみましょう。

 

(やり方)

 

①カベから1歩後ろ向きに離れて立ち、右足を上を曲げてカベに足の裏をつける。

 

②足を踏ん張りながら、背中をカベにつける。

 

③足をさらに踏ん張って、体を①の状態に起こしていく。

 

④5回行ったら、今度は反対側も同じように行い、これを1セットとして、1日に3セットくらい行うとよいでしょう。 

0 コメント

ユル〜いカベ筋トレ③

久々の『カベ筋トレ』の紹介です。 

 

コロナのこの時節で運動不足から特に足腰の筋力が衰えてはいないでしょうか?

 

一昨年、『カベストレッチ』の本を出しましたが、このストレッチ、カベさえあれば出来る手軽さと、寄りかかることでバランスを崩しにくいという利点があります。

 

そこで、筋肉を伸ばすストレッチではなく、筋力をつける筋トレの視点で、『カベ筋トレ』を考えてみました。

 

とはいっても、ムキムキの体を造るのが目的ではなく、あくまでも衰えた筋肉を元気な状態にする誰でも出来るユル〜い筋トレです。 簡単なのでやってみましょう。

 

(やり方)

①カベに手を付き、右足を上にあげて膝の内側をカベに付け、顔は左に向けて腰と右足を左にギュ〜ッと捻る。(5回)

 

②今度は右足を左斜め上に上げて膝の外側をカベに付け、顔は右に向けて腰と右足を右にギュ〜ッと捻る。(5回)

 

③反対側も同じように行い、これを1セットとして、1日に2セットくらい行うとよいでしょう。

 

0 コメント

免疫力を上げよう⑧

免疫力を上げよう最終回です。

新型コロナ・・まだまだ心配ですよね。

 

でも、インフルエンザも免疫力が高ければ感染しても無症状や軽い症状で済むこともある訳で、新型コロナにもこれは有効と考えられます。ぜひとも免疫力を高めていきましょう。

 

さて、免疫力を上げる具体的な方法、7つ目は・・『ストレスを減らし、よく笑ったり楽しんだりワクワクする』です。

 

免疫機能は、ストレスが過剰になると自律神経の一つである交感神経ばかりが優位に立ち、興奮状態がずっと続くために心身が疲労して正常に機能しなくなります。そしてそれが結果として免疫力の低下を引き起こします。

 

あくまでも持論ですが、ストレスはなくなりません。(笑)

 

 

でも、仮に我々から全くストレスがなくなった(或いは感じなくなった)としたら、逆に『ヤル気』もなくなって勉強や仕事も頑張らなくなり、人類の文明もここまで発展はしなかったでしょう。

 

要は、オンとオフが大事ということで、身に起こってくるストレス・さらに不安感は避けられないので、その対処として『意識して笑ったり楽しんだりすること』を心がけるのです。

 

医学的にも、笑うことで免疫の細胞で、たびたび登場する、『NK(ナチュラルキラー)細胞』が活性化して、免疫力が格段にUPすることが研究によってわかっています。この活性化の要因としては、脳内の『セロトニン(別名『幸せホルモン』)』や、『β(ベータ)エンドルフィン(別名『脳内麻薬』)』が多く分泌されると考えられています。

 

お笑い番組をみるとか、面白いマンガを読むとか、笑う方法は人によってさまざまですが、中には『お笑い番組は嫌いだし、何もかも面白くないし笑えない!』という辛口人もいそうですね。

 

そんな人は、自分にとって楽しく思えることや発散出来ることを見つけてやってみることです。 

 

 例えばそれが、名誉や権力欲、お金儲けなどの、いわゆる『野望』でも(誰かに迷惑がかからない範囲で)、健康長寿のためならば、それらも良いといえます。(笑)

 

まずは『ワクワクする気持ち』が何かを探して、それを養ってみてはいかがでしょうか。

 

0 コメント

免疫力を上げよう⑦

新型コロナ・・・まだまだ心配ですよね。

 

でも、インフルエンザも免疫力が高ければ感染しても無症状や軽い症状で済むこともある訳で、新型コロナにもこれは有効と考えられます。ぜひとも免疫力を高めていきましょう。

 

さて、免疫力を上げる具体的な方法、6つ目は・・『睡眠の質を上げる』です。

 

睡眠が大切なのは誰でもわかりますが、質の高い睡眠は、自律神経を整えて疲労を回復させます。そしてそれは免疫力を高めることに繋がってきます。

 

ただ、現代人は、多種多様の環境や生活様式の中で、なかなか質の高い睡眠がとれていないように思えます。

 

よく、『午後10時から午前2時に寝るとお肌にいい』なんてことを言いますが、これは健康面にも当てはまります。

 

 

重要な免疫細胞である『NK細胞』は、体の中を24時間、ずっとパトロールしているのですが、この時間帯は活性が低下しがちです。 

 

なので、この時間に心身ともにムリをしていると病気にかかりやすくなります。

 

夜の10時に寝ろというのは難しいかもしれませんが、せめてその2〜3時間前には食事を済ませ、照明は少し暗くして寝やすい状態を作りましょう。

 

あと、最近のパソコンやスマホのブルーライトが体を昼間モードに錯覚させるそうなので、必要最低限の使用にするのも大事です。

 

さらに、休日だからといって遅くまで起きていたり、いつまでもダラダラ寝ているのは、体が『時差ボケ』状態に似た状態になり、これも生活のリズムが狂ってしまい免疫力を下げる原因になります。

 

仕方なく夜更かししてしまった休日も、いつもと同じくらいの時間に起きて、昼間の眠くなった時に仮眠をとる方がまだ良いと言われています。 ぜひやってみましょう。

 

0 コメント

メニュー  




関連ブログ・Facebookページ