小顔に効果!! しゃもじ健康法 小顔編

どこの台所にも必ず一つはある『しゃもじ』。

 

使う部位と用い方によっては、ある時はツボ押しに・・・

またある時は、かっさのような使い方等々、しゃもじは実はさまざな使い方が出来る優秀なボディケアグッズに変身します。

 

ご飯をよそうだけではもったいない、このしゃもじで体のいろいろなところを癒していきましょう。(台所のとは別に一本購入しましょう。)

 

今回は小顔効果に効くしゃもじ健康法。

 

①しゃもじを左手で持ち、先端のヘラの部分を左の

顎先に着ける。

 

 

②①の場所から左の頬骨の下までほっぺを持ち上げるように滑らせて滞っているリンパを頬骨の方へ流して集める。

 

③しゃもじの先端を左耳の方(後ろ)に向けて頬骨をつたって、耳の前まで滑らせたら、再び先端を上に反転

させて左の首の横を上から下に滑らせて最後に左の鎖骨の辺りのリンパ節にもっていき、滞ったリンパを流して

あげます。 

 

④右側も同じように、ゆ~っくりと5回ずつ行って小顔になりましょう。