しゃもじでツボ押し整体 『 免疫力UP!』

 

よくリンパを流して・・・といいますが、免疫機能に大きく関与するリンパ液は、手のリンパも足先のリンパも最終的なゴールは、鎖骨付近の鎖骨下静脈で、そこから元の血流に戻っていきます。

 

つまり鎖骨の下の刺激は、体の全体の調子を整えたり、ムクミを改善する重要な場所ともいえるのですね

 

そこで今回のしゃもじツボ押し整体・・アプローチするのは鎖骨周辺のツボ。

 

しゃもじを使ってツボ押し&リンパも一緒に流して、体全体をスッキリ、元気になりましょう。(台所のとは別に一本購入して下さい。(笑))

 

(やり方)

1 しゃもじのヘラの部分で左の鎖骨下の次のツボを内側から

順番にa→b→cの順にキモチイイくらいの力でグリグリ3秒ずつ押す。

 

a『兪府(ゆふ)』・・鎖骨の下で、正中線から指横幅2本分外側。

 

b『気戸(きこ)』・・鎖骨の下、先の兪府から指横幅3本分外側。

 

c『雲門(うんもん)』・・鎖骨の外端の下の凹み。

 

2 外から中央へc→b→aの順に弱めに流す。

 

3 右側も同様に行う。

 

4 1~3を1クールとして、1日3クール、強過ぎない程度の力で行いましょう。