ハロウィン♪・・ではなくて!?

 

今日で10月も終わりですね。

 

今日10月31日はハロウィンですね。

 

治療院に常駐している(!?)エルモ君もハロウィン仕様で喜んでいます!(ホントか!?)

 

ところで、ハロウィンもそうなのですが、同時に今日は数字の語呂で、10(テン)、31(サイ)の、『天才の日』でもあるんだそうです。

 

そんなことから、今回は脳と天才のお話し。

 

考えたり閃いたり・・・いうまでもなく脳は、体の中の『司令塔』なのですが、重さだけをみると、男性で1350〜1500g、女性で1200〜1250gと、割合からすると、男女のそれぞれの平均体重のたった2〜3%の重さにすぎないのですが・・・

 

栄養として脳に運ばれる血液量は、1分間に750㏄・・これは体全身に運ばれる血液量の約20%にあたり、

その際に脳が消費する酸素の割合も全体の20〜25%とかなりの大喰らいなのです。

 

さらに、1日当たりのエネルギー消費カロリーの割合も、脳は体全体の約20%ものエネルギーを使っていて、

かなりの大食感なのです。

 

いろいろな諸説はありますが、脳の記憶容量は、ノートパソコン2400台分(脳がHDDなら、ブルーレイなら80枚、DVDなら850枚分と唱えている説もあり)、さらに脳細胞の情報伝達速度は時速400㎞といわれ、不要な記憶は捨てていっているとはいえ、それだけの量の記憶の情報処理を日常で行っている訳ですから、

大喰らいなのも仕方がないのかもしれませんね。

 

ちなみに、脳のサイズは必ずしも重要ではないようで、天才といわれたあのアインシュタインの脳の重さは・・・1230gと平均な男性の重さよりも軽量だったといいます。