エッ! ウナギには毒があるの!?

先日の土用の丑の日・・・ウナギ食べましたか?

 

日本でのウナギの歴史は古く、奈良時代には、あの『万葉集』にも「武奈伎(むなぎ)」として記載されています。(でも、現在のように開いてタレをつけて焼くようになったのは、江戸時代になってからだそう。)

 

さて、前に『フグには実は毒があるけど毒はない』って

話しをしたのですが(バックナンバー参照)、実はウナギにも毒があるのを知ってますか?

 

ウナギの『血液』には、「イクチオヘモトキシン」という毒素が含まれていて、フグの毒『テトロドトキシン』程ではないですが、口に入れると、吐き気や呼吸困難、

また、傷口に入ると膿んだり腫れたりする他に、目に入ると最悪の場合失明の可能性もあるという、結構ヤバ~いものなのです。

 

ただし・・・ご安心を! 

 

この毒素は61度以上、5分間以上の熱を加えると効果は消失するので、私達が普通に食べる際のウナ重やひつまぶし、白焼き・・等々を食する上では全く問題がないのです。(確かにウナギの刺身って見た事はないですね・・・

ただ専門店では、しっかり血抜きして酢でしめたやつ等を食べさせてくれる処もあるそうです。)

 

それよりもウナギには、ビタミンAと、EPAやDHA等の良質な脂肪をたっぷり含む他に、ビタミンB1、B2やミネラルも多く、疲れ目や疲労回復の効果が抜群なことからも、夏バテ防止にはもってこいの食材なのです。

 

安心してモリモリ食べて、暑い夏を乗り切りましょう!